好転反応についてetc

好転反応が出た場合は

◆水分をたくさんとる

白湯、常温のお水をたくさん摂取しましょう。

◆頭痛がある場合は蒸しタオルを

◆ゆったり休む

マッサージなどが原因で、一時的に体調が悪くなる反応のこと

リンパマッサージ(リンパドレナージュ)を受けた後に、怠さ・不調を訴える方もいます。
そのような不調の多くは「好転反応」と呼ばれるものです。
好転反応とは、治療やセラピーなどの過程で一時的に起こる身体反応のことで、リンパマッサージでも起こります。
これは文字通り「好ましい方へ転ずる」ことで、体内の悪いところがよくなり始めたり、鈍っていた機能が働き始めたりするときなどに体調が一時的に悪化することを指します。

症状や期間は人・体質で異なる
人・体質などより、好転反応が起きる期間はそれぞれ異なりますが、1~3日間ほど好転反応の症状が出る場合があり、中には1週間近く好転反応が継続する場合もあるようです。
好転反応にはさまざまな症状があります。
どのような例があるのか、下記にまとめました。

【具体的な好転反応の一例】
だるさ・眠気・発熱・痛みなど
リンパマッサージにより、筋肉のこりが解消すると、リラックスするに伴いだるさや眠気が出ることがあります。
発熱や痛みの症状など反応が強く出ることもあります。

めまい・頭痛など
リンパマッサージをすることで、リンパの流れ以外に血流も改善されます。
血流がよくなると頭痛やめまいといった症状を引き起こす場合もあります。

古傷の痛み
施術によって副交感神経が優位になることや、血流が回復することから、痛みが出やすくなります。

吹き出物・湿疹・肌荒れ
顔などにリンパマッサージを行った場合、吹き出物やニキビが出ることがあります。

排尿・排便
リンパマッサージでリンパの流れを改善し、老廃物の排出がスムーズになっていくと、尿や便の量が増加や匂い、色の変化などが起こることがあります。